なお、過去のシステムとの互換性を求める場合には、欧文文字、和文文字ともに固定幅の「IPA明朝」と「IPAゴシック」、欧文文字、和文文字ともに変動幅の「IPA P明朝」と「IPA Pゴシック」の4種類のフォントをご利用になることもできます。

 「IPAexフォント(Ver.001以降)」および「IPAフォント(Ver.003以降)」には、オープンソースライセンスとしての国際的な慣習にも整合性を持つライセンス”IPAフォントライセンス”を適用します。同ライセンスは2009年4月1日に、Open Source Initiative(OSI)による「オープンソース定義(OSD)」に準拠したものとしてOSIより認定を受けております。

 ※ IPAフォントは、IPAの登録商標です。


 JIS X 0213:2004は、JISの古い規格である JIS X 0208:1997に比較して、文字種が増えているだけでなく、2004年2月に経済産業省より発表された「JIS漢字コード表の改正について」により、2000年12月8日国語審議会で答申された「表外漢字字体表」に示された印刷標準字体に基づくよう、例示字体が変更されています。

 IPAexフォント(Ver.001以降)およびIPAフォント(Ver.003以降)の字体はJIS X 0213:2004の例示字体に準拠しているため、JIS X 0208:1997準拠のフォントと異なる字体となっている文字があります。



About IPAex Fonts and IPA Fonts

  IPA has been providing “IPA Font*” series from 2003, which IPA has all rights, and released “IPAex Mincho” and “IPAex Gothic” in February 2010 for common Japanese documentation.

  Main features of IPAex Fonts are as follows:

  • Fixed width for Japanese characters like Kana and Kanji
  • Proportional width for Western characters
  • Best balance for Japanese documentation mixed with Western characters

  When old versions are needed for backward compatibility, “IPA Mincho” and “IPA Gothic” for fixed width usage, “IPA P Mincho” and “IPA P Gothic” for proportional width usage has been still provided.

  ”IPAex Font” series (Ver.001 and upper) and “IPA Font” series(Ver.003 and upper) is able to use with the agreement to “IPA Open Font License”, which is consistent with international business practice and endorsed by Open Source Initiative (OSI) as confirmed license with Open Source Definition (OSD).

  * “IPA Font” is a registered trademark of IPA in Japan.


  The design of characters in IPAex Fonts (Ver.001) and IPA Fonts(Ver.003) are based on JIS X 0213:2004. Some of shapes of characters are different from former standards: JIS X0208:1997.For more detailed information see following sites.